メンズ

不動産セレクト│新築・中古マンションなら物件を熟知したプロに依頼

手数料がかからない

模型

諸経費をお得にする裏技

不動産売買にかかる諸経費の中で大きい割合を占めるのが、仲介手数料。しかし、最近は「仲介手数料無料」で売買契約を請け負ってくれる専門業者が数多く見られます。ただ、無料で媒介契約やサポートを行なってくれることに対し、少なからず専門業者へ疑問を抱く人もいることでしょう。
しかし、この仲介手数料無料の仕組みは、不動産の売主・買主の両方に対してではなく、取扱い物件に応じて「買主側のみ」「売主側のみ」に対して適用されます。ですから、専門業者も基本的に一方から手数料を受け取るようになっていますし、専門業者を利用する側が賢く選ぶだけで最大数百万円もお得になる嬉しいサービスなのです。

お得に利用するポイント

仲介手数料は不動産の価格によって上限が決められており、不動産価格の3%~5%プラス消費税がかかる仕組みになっています。例えば、3,000万円(税抜)の不動産を売却する場合、媒介報酬となる手数料の上限は3%プラス消費税で計算されて約97.2万円になります。これは、売主・買主のどちらにとっても大きな負担になるので、仲介手数料無料の専門業者を選んだ方がお得でしょう。
ただし、仲介手数料無料になるのは全ての物件に対して適用されるわけではありません。特に中古マンションの場合は手数料が発生するケースもあるので、先に専門業者に確認をしておくと安心です。不動産の購入・売却する際は、このサービスを大いに利用して費用の負担を軽減させましょう。